B-CeP

発泡プラスチック建築技術協会

断熱改修について

断熱改修について

 住宅の改修において耐震改修と並んで重要になるのが断熱改修です。断熱改修は住宅の省エネルギー性能を向上させるだけではなく、温熱環境を改善することによって快適性や健康性を向上させることにも貢献します。
 住宅の断熱施工は外壁、屋根又は天井、基礎又は床あるいは開口部などに適切な性能の断熱材、部材を使用するとともに断熱気密層を連続させることが重要です。断熱改修においても基本的には同じですが、既存の内外装を解体しない改修や部分的に解体する改修ではこうした設計が困難な場合もあります。
 一方で、耐震改修と断熱改修を同時に行う場合には、こうした困難さもかなり解消され、それぞれにとって有効な対応が可能になります。特に既存外装材を撤去する外張断熱改修と耐震改修の相乗性は高いものと言えます。