B-CeP

発泡プラスチック建築技術協会

外張断熱耐震改修工法委員会

委員会概要・目的

 「構造用合板と発泡プラスチック断熱材を用いた耐震改修工法」は、発泡プラスチック断熱材を使用する外張断熱工法をベースに研究・開発を進めてまいりました。従来の外張断熱工法と比較して特別な材料や技術を要する訳ではありませんが、断熱耐震改修工法として求めら れる品質を確保するためには適切な耐震診断と耐震設計・施工が実施されなければなりません。そのために、本耐震改修工法では一定の要件を満たした設計者、施工者を登録する制度を採ることとし、本耐震改修工法に必要な断熱材は各地の断熱材製造業者から適切な規格の材料が供給される体制としました。
 そこで、設計者、施工者を対象とした講習会開催など技術面の支援あるいは普及活動を行うことを目的に、断熱材製造業者及び関連部材製造業者を会員とした外張断熱耐震改修工法委員会を組織しました。