B-CeP

外張断熱耐震改修工法委員会

外張断熱耐震改修工法委員会

委員会概要・目的

 外張断熱耐震改修工法委員会は、「構造用合板と発泡プラスチック断熱材を用いた耐震改修工法(SIR工法)」の普及と運営を目的として設立された委員会です。
 SIR工法は、発泡プラスチック断熱材を使用した外張断熱工法の技術を基に開発され、耐震改修と断熱改修をひとつの工事で実施できる優れた工法として一般財団法人日本建築防災協会の技術評価を取得しています。日本では耐震改修、断熱改修を必要とする木造住宅がまだ多く存在し、SIR工法の普及によってこうした住宅の耐震性や省エネ性、快適性の向上が期待できます。
 SIR工法では、適切な設計・施工がなされるよう一定の要件を満たした設計者、施工者の登録制度を採っており、当委員会は、SIR工法の普及活動を行うとともに、設計者・施工者を対象とした技術講習会を各地で開催しています。また、SIR工法に使用する断熱材は全国の当委員会会員会社から供給できる体制としています。

委員会構成・会員

 外張断熱耐震改修工法委員会の構成及び会員は以下の通りです。

外張断熱耐震改修工法委員会

※入会資格は以下「入会案内」をご参照ください

入会案内

 外張断熱耐震改修工法委員会は発泡プラスチック断熱材に関連する以下の要件を満たす法人又は団体を会員とします。本委員会の会員は必ず発泡プラスチック建築技術協会(B-CeP)の会員であることが要件となります。

区 分 入会資格 入会金 共通年会費
正会員 一般社団法人発泡プラスチック建築技術協会の正会員である以下の法人
  • 発泡プラスチック断熱材を製造あるいは販売する法人
  • 発泡プラスチック断熱材を使用する工法を展開する法人
10万円 30万円
賛助会員 一般社団法人発泡プラスチック建築技術協会の賛助会員である以下の個人、法人又は団体
  • 発泡プラスチック断熱材を使用するために必要な副資材を製造あるいは販売する法人又は団体
  • 発泡プラスチック断熱材を使用し、建物の設計あるいは施工を行う法人又は団体
  • 発泡プラスチック断熱材を製造するための原材料を製造あるいは販売する法人又は団体
  • 外張断熱耐震改修工法委員会の事業に賛同する個人、法人又は団体
―― 4万円
  • 地震への備えは大丈夫ですか?木造住宅の耐震改修
  • 住宅の断熱改修
  • 断熱改修+耐震改修 構造用合板と発泡プラスチック断熱材を用いた耐震改修工法(SIR工法)とは
  • SIR工法で耐震改修を行うためには?申請書類・技術講習会のご案内
  • 断熱改修+耐震改修のすすめ
  • 外張断熱工法について
  • 〔施主様のページ〕性能アップリフォーム(耐震改修+断熱改修)のススメ!